万が一の事態が起きても、家族が安心して生活できる充実した保障

社会保険への加入は、会社にとって負担が増えることなので、理・美容業界では、社会保険に加入してない理・美容店が大半です。そのため、社会保険の仕組みをよくわかっていない理・美容師さんも多いです。でも、加入要件を満たしているのであれば、どんな方でも社会保険に入っておいた方が良いですし、特に結婚してお子さんがいらっしゃるのであれば、社保完備の会社で働くことは安心感に繋がります。

当社は安定した経営ができておりますし、何より、スタッフさんに安心して働いていただきたいので、社会保険に加入しています

社会保険に入らない場合と入る場合でどのような違いが生じるのか?

では社会保険に入っているのと、入っていないのでは、どのような違いが出るのか?わかりやすく重要なところだけをピックアップしてご説明いたします。違いがよくわからない方であれば、必ず役立つ知識ですので、ぜひお読みになってください。

国保と健康保険の違い

もし、あなたに扶養家族がいる場合、国保ではなく、健康保険の方が良いです。なぜなら、給与の額や扶養家族の人数にもよりますが、健康保険は国保よりも安くなる上、万が一働けなくなった時に、傷病手当金が支給されるからです。

国保はケガや病気で働けなくなったら、収入が途絶えます

健康保険の場合、業務外のケガや病気で働けなくなったり、医師が休業が必要と認めた場合、最長で1年6ヶ月傷病手当金を支給してくれます。将来、何が起きるかなんて誰にもわかりません。自分が注意していても、不慮の事故に遭って怪我することだってあります。そんな時、家族に辛い思いをさせるわけにはいかないですよね。国保には、この制度がないため、働けなくなったら収入が途絶えてしまいます

国保は世帯人数が増える程、負担が増えます

また、もう一つの国保のデメリットが世帯の人数が増えると、負担が大きくなるところです。子供が生まれるのは喜ばしい事ですが、その分保険料は上がっていきます。一方、健康保険の場合は、給与が基準となって保険料が決まるので、扶養家族が増えても影響はありません。それに、会社が保険料を半分出してくれるので、国保よりも保険料が安くなるケースが多いです。

国民年金と厚生年金の違い

年金というと、老後に支給されるものと思っている人がほとんどですが…他にもいろいろな保障があります。国民年金と厚生年金で最も大きな違いが出るのが遺族年金です。もし、あなたが男性で奥様とお子様がいらっしゃる場合、国民年金ではあなたが亡くなった時、奥さんとお子さんを路頭に迷わせてしまうかもしれません

でも、厚生年金の場合、より手厚く奥さんとお子さんの生活を保障してくれるのです。全然違いますので、もしあなたが結婚していて30代以上の場合は、絶対に厚生年金に加入しておくべきです。

遺族年金とは、亡くなった方の家族の生活を守るために、支給される制度です。国民年金と厚生年金では、支給される条件に大きな違いがあります。特に奥さんに対する支給が全然違います。厚生年金の遺族年金は奥さんが受け取る支給が手厚く、旦那さんが亡くなった後の生活を支えてくれます。でも、国民年金では十分な保障を受けることができないのです。

子供がいない夫婦
どちらが亡くなっても、国民年金は何も支給されない

夫が亡くなった場合

国民年金の場合、何も支給されないのですが、厚生年金は遺族厚生年金として支給されます。20代であれば、再婚できる可能性が高いので、5年間限定30代以降であれば、再婚しない限り一生支給されますし、40代であれば就職・仕事が大変なので中高齢寡婦加算が追加されて支給されます。手厚いですよね。

妻が亡くなった場合

夫には国民年金・厚生年金どちらも支給されません。

子供がいる夫婦
国民年金は子供が18歳までで終了します

夫が亡くなった場合

国民年金も厚生年金もどちらも、遺族基礎年金が支給されます。妻と子供の人数に応じて支給されますが、遺族基礎年金は子供が高校卒業する18歳までです。国民年金は遺族基礎年金しか支給されないので、18歳で終了です。

厚生年金は遺族基礎年金にプラスして、遺族厚生年金が支給されるので、支給額は増えます。また、遺族厚生年金は再婚しない限り、継続的に支給されますし、18歳を超えて遺族基礎年金が切れてしまった時、妻が40~65歳であれば、中高齢寡婦加算が加算されるので、最低限の生活は保証されます。

妻が亡くなった場合

国民年金は何も支給されませんが、夫が55歳以上の場合、厚生年金は遺族厚生年金のみ支給されます。ただし、夫が55歳未満でも対象年齢の子がいれば遺族厚生年金を受け取ることができますが、子供が18歳になったら終了です。


このように、万が一の時の保障が手厚いのが社会保険です。家族がいる方は絶対に社保完備の会社に入っておいた方が良いですよね。

社保完備以外の福利厚生

医療費全額補助
本人だけでなく、家族(配偶者・子)の分まで

医療費全額補助は他社にはない当社独自のモノです。スタッフさん本人の医療費だけでなく、家族(配偶者・子)の分まで全額補助いたします。

  • 同居かつ、子については夫婦どちらかが扶養していることが条件
  • 健康保険適用内の金額のみ補助

なぜ、家族の医療費も全額補助するのか?

これも経営理念「喜びの共有」を実現するために考えた福利厚生です。スタッフさんが一生懸命仕事に励むには、家族全員が健康であることが必要です。大切な家族にもし、何かがあったら気になって仕事どころではありません。それに、家族を大切に思う気持ちは、仕事仲間を大切に思うことにもつながります。家族も会社もみんな大切な仲間。一人でも欠けてはいけません。仲間に何か問題があったら、助けるのが当社の役割だと思っています。


労災上乗せ保険加入
万が一に備えて

カット専門店では、仕事中にケガをしたり、病気になることはあまりありませんが…万が一に備えて、労災だけでは補償してくれない範囲をカバーしてくれる労災上乗せ保険に加入しています。

業務上の損害賠償補償制度
お客様を傷つけてしまった時などのリスク回避のために

施術中にお客様の耳を傷つけるなどしてしまった時に、治療費の他に賠償金を請求される可能性があります。多額の請求で会社の経営が困難になってしまったり、スタッフさん個人に賠償を負わせたりすることのないように損害賠償補償制度に入っています。

「いばらき健康経営推進事業所」に認定
スタッフさんの健康を大切にしています

健康経営推進事業所として認定されるには、23個の健康に関する項目の内、最低でも10個はクリアーしないと認定されないのですが、当社の場合は、認定していただけました。

法令遵守した定期健診はもちろんの事、メタボリック症候群などの可能性がある場合は、無料で保健師に相談できたり、その後定期的に健康改善に向けたサポートを受けることもできます。


このように、あなた自身だけでなく、あなたの家族に対する保障が充実しているため、不安を抱えながら働くことは無くなります。それと、もう一つ気になるところは、会社の将来性なのではないでしょうか?いきなり潰れてしまったら、家族を路頭に迷わせることになってしまいます。

このご時世、大企業でも潰れる時代ですから、当社だって今後どうなるかはわかりません。でも、将来に向けた対策はしっかりと取り組んでいます。どのような考えで会社経営しているかをご紹介しますので、今後も成長していけるかどうか、あなたの厳しい目でチェックしてみてください。